スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by capo  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

Recipe-8 ココアマフィンでデコカップ!

東名川崎I.C.を見下ろす「ピザハウスMocco」のページが
ブログになってリニューアルしました!
季節のおいしいレシピや、お得なイベント情報をお届けします。
今月は、かわいいスウィーツ、デコカップをご紹介!


シンプルな手作りココアマフィンを
お好みにデコレーション!


8finish

とってもシンプルだけど、みんなに愛されているアメリカの焼き菓子、マフィン
誰でもきっと、一度は食べたことのあるマフィンを、
自分なりのオリジナルのアイデアで飾り付けてみると…、
出来上がったのは、まったく新しい別のお菓子!!
近頃話題の「デコラティブ・カップケーキ」、略して「デコカップ」です。
簡単に手作りできるマフィンに、
生クリームや果物、ナッツやアラザンなどを自分のセンスで飾り付けて、
いつものティータイムに楽しいひと工夫をしてみてね!

たっぷり使ったココアの風味があとを引く、
ココアマフィン


8yakiagariひとつのボウルで混ぜて込んで焼くだけの、基本となる簡単ケーキ。
お子さまと一緒に作っても、失敗のない焼き菓子です。



【材料】 マフィン型 約10個分
■バター100g ■砂糖100g ■卵2個 ■牛乳30cc ■薄力粉120g ■ココア30g 
■ベーキングパウダー小1+1/2

【下ごしらえ】
●バターは室温に戻しておく。
●卵は溶いておく。

【作り方】
1.薄力粉とココア、ベーキングパウダーを合わせて一緒にふるっておきます。
2.ボウルにバターを入れ、泡立器で白っぽくなるまでよくすり混ぜます。
3.2に砂糖を加えて、さらによくすり混ぜます。
4.溶き卵を2~3回に分けて加え、さらに牛乳を入れて混ぜます。
5.1のふるった粉類を加えて、ゴムべラでツヤが出るまで混ぜ、型に分けて入れます。
6.180℃のオーブンで約20分焼きます。

【POINT】
■オーブンはあらかじめ余熱を忘れずに。
■2の、バターを白っぽくなるまですり混ぜるのに、思いのほか時間がかかります。あらかじめ、しっかり室温に戻しておきましょう。
■バターと砂糖はよく混ぜると、ふんわり・しっとり焼きあがります。
■お好みで、ナッツ類やドライフルーツ、甘栗や干し芋など、水分の少ないものを加えて焼いても美味しく出来上がります。その場合は、5の粉類を加える前に入れてください。


作って楽しい、食べておいしい、
デコカップの出来上がり!

8deco8


8alazanあらかじめママがマフィンを焼いておき、お友だちを集めて、
デコしながらティータイム
というのも楽しいイベント。
出来上がったマフィンに、いろいろなものをトッピングしてみてね!


【POINT】
■アルミ製やシリコン製のマフィン型には、マフィン・パンと言う一体式で一度に数個焼けるものが便利です。バラ型やハート型、三角などさまざまな形があるので、目的に合わせて使い分けても楽しいですね。
■硬めの使い捨てアルミカップで焼くと、お友達にあげるときなどに便利です。
8present

スポンサーサイト
by capo  at 00:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Recipe-7 お鍋ひとつでできる ポルチーニのリゾット

いつものご飯に飽きたら、イタリア風の雑炊・リゾットはいかが?
香り高いきのことパルメザンチーズを使って、
簡単にできる本格的な味。
ポルチーニが手に入らないときは、舞茸やしいたけなどでもOK。
食欲のないときでも胃に優しく、
身体がほんわか温まるリゾットで
冬の寒さを乗り切りましょう!


お鍋ひとつでできる
きのことチーズの香りが決め手の
ポルチーニのリゾット

●作り方2通り

7rizzo

  
お米好きな人ならぜひ一度は作ってみて!
パスタとはまた違ったイタリアンを味わえます。
ここでご紹介するのは「生米」から作る方法と、
「半炊きのご飯」から作る方法の2通り。
そのときのキッチン事情で作り分けてみてください。

【材料(4人分)】
■米2合 ■たまねぎ1/2個 
■乾燥ポルチーニ20g
■オリーブオイル適宜 
■コンソメスープの素適宜 
■コンソメスープ1リットル ■にんにく1片 
■パルメザンチーズ30g ■バター10g 
■塩・コショウ適宜 ■白ワイン適宜 
■生クリーム適宜 ■イタリアンパセリ

【下ごしらえ】
● にんにくとたまねぎはみじん切りにしておく。
● 乾燥ポルチーニは50mlの水につけて戻しておく。

【作り方1 ※生米から作る場合】
1. ソースパンにオリーブオイルを入れ、にんにくとたまねぎで香りをつける。

2. 1に米を洗わずに入れ、米の表面に光沢が出るくらいに炒める。

3. 白ワインを入れて、水分が飛ぶまでフランベする。

4. コンソメスープを、米がひたひたに浸かるくらい(1~2カップ程度)入れて煮る。

5. 水分がなくなってきたら、またスープを足して煮る。
常にくつくつ煮立っている状態に維持する。

6. 4~5を15~18分繰り返す。

7. 米が7~8分炊きになったら、水で戻したポルチーニと戻し汁を加えて再び煮る。

8. 米がアルデンテに仕上がったところで、塩コショウで味をととのえ、
バターとパルミジャーノでマンテカーレする(和える)。

【作り方2 ※半炊きのご飯から作る場合】
1. 米は2合に対して通常より1/5~1/4少ない水と、
バター10g、下味がつく程度のコンソメの素と塩コショウを入れて、半炊きに炊いておく。

2. ソースパンにオリーブオイルとにんにくを入れて、
香りが出たらたまねぎのみじん切りを加えて炒める。

3. たまねぎがしんなりしたら、水で戻したポルチーニを加えていため、
香りが出たら白ワインを加えてフランベする。

4. 半炊きした米、バター、塩コショウ、コンソメスープを加えて、
軽くかき混ぜながら煮詰める。

5. スープが煮詰まったら、塩コショウで味をととのえ、
パルメザンチーズを入れてマンテカーレする(和える)。

【POINT】
■乾燥ポルチーニの代わりに、舞茸、しいたけ、えのき茸、シメジなどを使ってもOK。
■お皿に盛ったら、お好みで生クリームとオリーブオイルをかけ、
イタリアンパリを振りかけて出来上がり。
生クリームをかけるとまろやかな口当たりになります。
■あればアルミのソースパン、なければ厚手の鍋を使うと、うまくできます。

エリンギの食感が楽しめる
ブルスケッタ   


7eringi


エリンギは、じっくり火を通してもその食感が失われない、
不思議なきのこ。
じっくりソテーしてガーリックトーストに載せるだけで、
ワインにも合うブルスケッタの出来上がり!

【材料(4人分)】
■エリンギ2本 ■バゲット1/4本 
■にんにく2片 ■オリーブオイル 
■塩こしょう適宜


【作り方】
1. エリンギとバゲットは、5~8mm程度にスライスする。
にんにくは1片はみじん切り、もう1片は半分に切っておく。

2. バゲットに、半分に切ったにんにくをこすり付けて、トースターで下焼きする。

3. フライパンにオリーブオイルを入れみじん切りにしたにんにくを入れて、
香りが出たらエリンギを1枚並べにして弱火でじっくりとソテーする。

7eringi-pan4. 下焼きしたバゲットに再度にんにくをこすり付け、
今度はきつね色になるまでトースターで焼く。

5. 3のエリンギは、お好みで塩コショウし(しなくても、風味が出ます)、
カリカリのきつね色になるまでソテーする。

6. トーストしたバゲットに載せて出来上がり。

【POINT】
■バゲットを下焼きすることで、にんにくをこすり付けやすくなります。
by capo  at 12:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Recipe-6 アウトドアでもおうちでも豪快に 定番アクアパッツァ

6月に入るとそろそろ梅雨入り?
梅雨と聞くとちょっと憂鬱になってしまいますが、
大地に恵みを与えてくれる季節ですね。
湿った木や草の香りがいっぱいの空気を
お腹の底まで吸い込めば、きっと心から癒されますよ。


6aquapazza-finish

今回は「アクアパッツァ」という、とっても夏っぽい名前の魚料理をご紹介。
でも本当は「アクアパッツァ=奇妙な水」という意味なんですって!
簡単・シンプル・でも豪華。ぜひTRY!!


定番アクアパッツァ   
イタリア風・魚の姿煮は、シンプルながら、
旨みがいっぱい!

6aquapazza-zairyou【材料】
■魚1尾(今回はキンメ) ■プチトマト6粒 
■バジル ■オリーブオイル ■塩 
■水 ■にんにく

【アレンジ用】
■ブラックオリーブ 
■あさり 
■ドライドトマト 
■アンチョビ

【作り方】
1. うろこは包丁の背で、尻尾側から頭側へこそげ取る。
ワタとエラを取ったら、よく流水で洗う。

2. フライパンに多めのオリーブオイルを入れ、
にんにくをつぶして入れて、焦げるまで炒める。

3. 魚を入れ、裏表両面焼いて焦げ目をつけたら、
魚が半分浸るくらいの水を入れ、塩をふる。

6aquapazza-naka4. 時々味を見ながら、煮立ったスープを上からまわしかける。


5. プチトマトを入れ、スープを煮詰める。

6. バジルを飾って出来上がり。

【POINT】
■魚は、かさご、ほうぼう、マダイ、スズキなどなんでもOK。
自分でワタを抜いたり、うろこ・エラを取れない方は、
お魚屋さんでやってくれる所もあるので利用してみて。
自分で下処理する場合、魚のうろこが飛び散るので注意しましょう。
さばいたまな板は、必ずすぐによく洗っておくこと。
■ブラックオリーブやドライドトマト、アンチョビ、あさりなど
アレンジ用の材料を入れて一緒に煮込むと、また違った味が出ます。

料理を引き立てる、
もちもちフォカッチャ   


6focaccha-agari

塩味のきいたフォカッチャは、そのまま食べてもおいしいのですが、
アクアパッツァのスープに浸して食べると、また美味!


【材料】
■強力粉350g ■砂糖大1.5 ■塩小1
■オリーブオイル大3 
■ドライドイースト5g 
■ぬるま湯200cc ■ドライバジル 
■ローズマリー
分量外 塩 オリーブオイル

【作り方】
1. ボウルAにぬるま湯を入れ、
砂糖、塩、ドライイーストを入れてイーストをふやかす。

2. ボウルBに強力粉、オリーブオイルを入れる。
ボウルAをかき回しながらボウルBに入れ、
合わせて手でかき回しながら10分くらいこねる。

6focaccha-tane3. まとまったら、薄く油を引いたボウルに移し、ラップをかけ、
温かいところに置いて、20~30分間一次発酵させる
(目安は2倍くらいの大きさになるくらい)。< br clear="all" />

4. 十分発酵したら半分にしてそれぞれ手のひらでこね、
中の空気をつぶして薄くのばす。

5. 鉄板に乗せ、指で何箇所か凹みを作り、
全体にオリーブオイルを塗って塩を振る。
各々にローズマリーとドライバジルを振る。
6. 180℃に温めたオーブンで、8~10分焼く。 < br clear="all" />

【POINT】
■アウトドアで焼く場合、オーブン代わりに一斗缶を使って焼くことができます。
ふたをはずし、底をくりぬいて、真ん中に針金を4本渡します。
渡した針金の上に鉄板を乗せ、直火にかけ、ふたをして蒸し焼きにします。
■こねる作業は、お子さまにやってもらっても楽しいですよ。
これからの季節、アウトドアキャンプなどでも作ってみて!
by capo  at 10:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Recipe-5 ほんのり桜色のPINKY PASTA&春薫る桜のバタークッキー

そろそろ桜前線も接近中です。
今年のお花見の予定は立てましたか?
この季節は、目で楽しむ桜色のパスタと、
薫りで楽しむ桜のバタークッキーをご紹介。
みんなで集まるパーティに、こんな桜づくしのメニューはいかがですか?


5toppasta

ほんのり桜色のPINKY PASTA 

ピンク色のお料理って、実は作るのがなかなか難しいのです。
今回は、桜エビを使ってみました。
が咲いたら、花の一枝でも飾る?
それとも、花びらを散らす?
“桜つながりのアイデアレシピです。

【材料】(4人前)
■桜エビ120g ■日本酒180cc 
■むきエビ適宜 
■水煮スライスマッシュルーム適宜
■アスパラ4本 ■バター少々 
■生クリーム500cc
  (乳脂肪分の低いもの)
■パスタ400g ■塩適宜

5sakurapasta【POINT】
■生クリームは煮詰めるので、脂肪分が高いとしつこくなってしまいます。
動物性の、脂肪分の低いものを使います。
■(応用編)色を対比させるために、桜エビの代わりに2のレシピで使う、
桜の葉の塩漬けを刻んで入れると、
こちらはほんのり桜の薫りのパスタの出来上がり!(写真奥)


【作り方】
1. 桜エビをミル(フードプロセッサー)で粉状にしておく。
アスパラは塩ゆでし、斜め切りにしておく。
2. 1の桜エビを、アルコール分を飛ばすようにしながら日本酒で煮る。
3. 2に生クリームと塩、むきエビ、水煮マッシュルームを入れて、
生クリームが焦げないように煮詰める。その間にパスタをゆでる。
4. コクと照り、香りを出すために、3にバターを入れる。
5. ゆで上がったパスタとアスパラを4に入れてあえる。

5sakuracookie
春薫る桜のバタークッキー 

シンプルなバタークッキーですが、ほんのり桜の薫り
ここでは棒状にまとめてスライスしましたが、
板状にのばして桜の花びら型で抜いてもかわいいですね。

【材料】
■薄力粉200g ■上白糖100g 
■バター120g ■卵1個 
■ベーキングパウダー小さじ1 
■塩漬けの桜の葉6枚 
■グラニュー糖適量 ■粗塩適量

【作り方】
1. バターと卵1個を室温に戻しておく。卵を溶いて、半分に分けておく。
薄力粉と上白糖、ベーキングパウダーをふるいにかけておく。
桜の葉は、葉脈を取ってみじん切りにしておく。
2. 上白糖とバターを、泡だて器を使って白っぽくなるまで練りながら混ぜる。
よく混ざったら、溶き卵1/2個分を少しずつ加えながら混ぜる。
3. ふるった薄力粉とベーキングパウダーを、
2にヘラでサクサクと切るようにしながら混ぜ合わせる。
みじん切りにした桜の葉も加える。
4. 3をビニール袋に入れて、均一な太さの棒状になるように形を整え、
冷凍庫で30分ほど寝かす。
5. 3を袋から出して1本を半分にし、周囲に残りの溶き卵をハケで塗る。
片方にグラニュー糖、もう片方に粗塩をまぶす。
6. 同じ厚さにスライス。
クッキングシートを敷いたオーブン皿にのせ、170℃で13分くらい焼き、
冷まして出来上がり。

【POINT】
■4の状態で冷凍保存できます。
お友だちが来るときやちょっとピクニックのときなど、必要分だけ焼くことができます。
■周囲にまぶすグラニュー糖と粗塩はお好みで。
「粗塩?」と思うかもしれませんが、これがなかなか桜の薫りに合います。
by capo  at 08:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Recipe-4 ブルスケッタ アラ ケッカ 

肌を刺す冷たい空気に、身の引き締まる思いの今日この頃。
街の夜景が美しく輝く季節ですね。
家族が、仲間が、好きな人たちが集まる楽しい席を、
こんな美しい彩りのお皿で飾ってみませんか?
今回は、シンプルながら
いろいろな応用のきくソースをご紹介します。
みんなが集まる1時間前に、材料を切って混ぜておくだけ。
素敵なパーティの始まりです。


4-brashetta


ブルスケッタ アラ ケッカ   
【材料】(4人前)
■トマト2個(熟しすぎていない食べごろのもの) 
■ガーリックオイル適宜(にんにくのみじん切りや、
おろしにんにくをバージン・オリーブ・オイルに漬けておいたものでもOK) 
■バージン・オリーブ・オイル適宜 
■フレッシュ・ハーブのバジルの葉2枚 
■塩・こしょう少々 
■バゲット1本 
■にんにく1かけ 

【作り方】
1. ガーリックオイルがない場合は、にんにくをみじん切りにして
バージン・オリーブ・オイルに漬けておく。

2. トマトは皮を湯むきし、水平に切ってスプーンの背で中の種を取り、
1cm角のサイコロ状に切る。

3.2をボウルに入れ、塩・こしょう、ガーリックオイル、
またはにんにくを漬けたバージン・オリーブ・オイルを入れて混ぜる。

4. フレッシュ・バジルをせん切りにし、3に加え、
さらにバージンオイルを適宜加えて、なじませる。

5. 味を調え、冷やしておく。

6. 1.5cm厚にスライスしたバゲットを軽く焼いて、
切った生にんにくの切り口を2回くらいこすりつける。

ブルスケッタ アラ ケッカを使った
応用料理


4ouyou-recipe
   
【材料】
■白身魚(カジキマグロや鯛など)4切れ 
■ルッコラ1束
■れもん1個 
■塩・こしょう少々

【作り方】
1. 肉、または魚をフライパンか網で焼き塩・こしょうを振って、味を調える。
2. 火を止める直前にソースを加え、魚にからませ、ひと煮立ちして火を止める。
3. ざく切りにしたルッコラ、くし切りにしたレモンとともに皿に盛る。

【POINT】
■時間をおきすぎると水っぽくなり、にんにくの香りもきつくなるので、
食べる1時間前くらいに作って冷やしておきます。
■ソースは食べるときにバゲットに載せたほうが口当たりがいいので、
それぞれ分けて出します。
盛り付けを工夫することで、見た目も華やかに!
ソースをココットやカクテルグラスに入れ、
オーバル皿の真ん中に置いて周囲にバゲットを並べたり、
ソースの真ん中にバジル・リーフを挿したりしても素敵です。
■アレンジとして、トマトをサイコロ状ではなくくし切りにし、
モッツァレラチーズを合わせると、おつまみ風になります。
by capo  at 06:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Racipe-3  とっても簡単! ミラクルモンブラン & ラップロール 

今回はスウィーツ好きには絶対チェックしてほしいケーキのご紹介!
「写真を見たらすぐに食べたくなっちゃう!」という
“超”食いしん坊さんにお勧めの、ミラクル簡単にできて、しかも本格的な
モンブランとロールケーキです。!


3-montblanc


さあ、今すぐTRY!

ミラクル モンブラン   

3-montblanc2【材料】(5人前)
■市販のロールケーキ 
■生クリーム(乳脂肪40%以上)100g ■砂糖3g 
<シロップの材料>
■砂糖30g ■水50cc
 

<マロンクリームの材料>
■マロンペースト缶詰150g ■ラム酒小さじ1 
■バター30g

<飾り>
■栗甘露煮(市販)5個 ■粉砂糖少々

【作り方】
1. ロールケーキを厚さ1cmにスライスをして、5カット用意する。
2. 砂糖と水を鍋に入れ、火にかけてシロップを作り、冷ましておく。
3. アルミカップ5個に1を入れ、刷毛でシロップを塗る。
4. 生クリームに砂糖を入れ、泡立てる。
5. ボウルにマロンペーストを入れ、室温に戻したバターとラム酒を加えて混ぜる。
6. 用意したロールケーキの上に生クリームを載せ、絞り袋に入れたマロンクリームを絞り出す。
7. 冷蔵庫で冷やし、少し固まったら栗の甘露煮を飾り、粉砂糖をふりかけて完成。

ラップロール   
3-raproll【材料】
■食パン5枚(サンドイッチ用でも可) 
■モンブランで作ったマロンクリーム
■ラップ 
■食パンは乾燥すると、巻いた時にひび割れてしまうので、
水で濡らして固く絞った布巾で使う直前まで包んでおくと良いでしょう。
■冷凍保存しておいて、自然解凍でもおいしく食べられます。


【作り方】
1. 食パンの耳を切り落とし、ラップの上に置いて、
モンブランで使用したマロンクリームを塗ります。
2. 手前からラップごとクルクルと巻いて、冷蔵庫にしばらく置きます。
3. かわいくラッピングします。

【POINT】
■形を良く仕上げるために、
中の生クリームはだれないように、堅くしっかりと泡立てましょう。
■生クリームの中に、細かく刻んだ栗の甘露煮を混ぜてもおいしいです。
■モンブラン専用の絞り袋(口金)がなくても、
厚手のビニール袋の先を細く切って絞り出すこともできます。
by capo  at 04:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Recipe-2 サラダ風 梅の冷製パスタ

梅干を使ったレシピで夏を乗り切る!

umepasta

これから夏に向けて暑くなるとともに、食欲がなくなったり、
なんとなくだるくて疲れが取れない、という方も出てくるのではないでしょうか。
そんな夏バテ気味の身体をすっきりさせてくれるのが梅干。
梅干に多く含まれる「クエン酸」は、
体内の代謝を活性化させて、栄養源を効率よく燃焼させてくれます。

今回ご紹介するのは、そんな梅干を使った和風のサラダパスタ。
野菜もたくさん入ったヘルシーな1品です。
あ、でも、おいしいからって食べ過ぎには注意してね!

サラダ風 梅の冷製パスタ 

【材料】
■梅干8個 ■ベーコン適量 
■トマト1個半 ■水菜1わ 
■パスタ400g ■塩コショウ少々 

だし(和風ドレッシング)の材料
■しょうゆ180cc ■酢125cc 
■水300cc ■ごま油25cc
■上白糖15g ■ほんだし適量

【作り方】
1. だし(和風ドレッシング)を作る。鍋にごま油以外の材料を入れて混ぜ、火にかける。

2. ベーコンは一口サイズに切って、ごま油で炒めておく。

3. トマトはサイコロ状に、水菜は5cmくらいに、
梅干は4個をたたきに、残りの4個はざく切りにしておく。

4. パスタをゆでる。ゆで上がったら流水で冷やし、
水を切って、塩コショウ、たたき梅、ドレッシングであえる。

5. 器に盛って、ベーコン、トマト、水菜、ざく切りした梅干をトッピングして出来上がり。

【POINT】
■ごまの風味が苦手な方は、オリーブオイルを使ってもOK。
■サラダ感覚で食べられるので、物足りないという方は、
バゲットを付け合せるとボリュームアップ。
■すっきり冷えた白ワインもいいですが、
炭酸の入ったスパークリングワインや冷酒も合います。
by capo  at 02:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Recpe-1 鶏肉を使ったカポナータ & ミラクル・ガーリックバター

春から夏にかけては、野菜の美味しい季節!

miracle1-caponata


店先にもいろいろな野菜が並び、お料理の幅が一段と広がります。
今回ご紹介するのは、そんな季節の野菜をたくさん使って
トマト煮込みにする「カポナータ(フレンチではラタトゥイユ)」と、
鶏肉のトマト煮込み「カチャトーラ」という、
イタリアでは定番の2種類の料理をアレンジしたもの。
手軽に作れて豪華に見え、保存もきき、そして美味しい!!
急な来客やパーティに最適のお料理です。

一緒にご紹介するのはガーリックバター。
作り置きしておくと、付け合せのパンが、
いつもよりちょっとランクアップすること間違いなし!

鶏肉を使ったカポナータ(4人前) 

【材料】
■鶏モモ肉300g ■玉ねぎ2個 
■なす2本 ■ズッキーニ2本 
■ブロッコリー1/2房 
■赤ピーマン1個 ■黄ピーマン1個 
■にんにく2かけ 
■ホールトマト2缶(1000cc)
■塩・こしょう・オリーブオイル・白ワイン各適量

■材料は、大きめに切ったほうが豪華に見えます。
■鶏肉は先に焼いておくときれいにできますが、手間をかけたくなければ一緒でOK。
■なすとズッキーニは、素揚げしておくと一層美味しくいただけます。
■煮込み始めるとき、隠し味にケチャップを入れると、コクが出て美味しくなります。
■辛いのがお好きな方は、にんにくと一緒に種を取った鷹の爪を入れます。


【作り方】

1. 野菜をそれぞれ大きめに乱切りにする。
ズッキーニは、できたら塩水に1時間以上さらし、アク抜きをしておく。
鶏肉も一口大より少し大きめに切り、塩・こしょうをきつめに振っておく。
2. 大きめの鍋にオリーブオイルとにんにくを軽くつぶして入れ、にんにくに色がつくまで弱火でじっくり炒める。
3. 玉ねぎを鍋に入れ、弱火でじっくり炒める。
4. 鶏肉を皮目から鍋に入れて、焦げ目がつくまでソテーする。
5. その他の野菜をすべて入れ、火力を中火にしてある程度に炒めたら、
白ワインでフランベする。
6. アルコールが飛んだらホールトマトをつぶして入れ、
弱火で約20分以上煮込み、煮詰まったら塩・こしょうで味を整えて完成!


ミラクル・ガーリックバター

【材料】
■有塩バター100g ■にんにくのみじん切り(おろしにんにくでも可)4g 
■パセリのみじん切り少々

【作り方】バターを常温より少し温かくして練れるくらいに溶かし、にんにくとパセリを入れて混ぜる。
by capo  at 00:00 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

capo

Author:capo
川崎市宮前区鷺沼の、
東名・川崎I.C.を見下ろす高台に
オープンして30年。
三角屋根のイタリアンレストラン
「ピザハウスMOCCO」から、
手軽でおいしいレシピや、
楽しいイベント情報を
お届けします。

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。